世界的ウォッチ

笑顔の女性

ロレックスは世界で初めて開発された防水時計としても知られており、防水から防塵まで高い機能性を有している時計です。 その複雑な内部構造は工場で大量生産して作られる電池式時計とは異なりますので、定期的に保守点検する必要があります。 ロレックスのような自立した時計を保守点検する事を、一般的に「オーバーホール」と呼びます。オーバーホールとは高級時計を長く使い続けるために欠かせない作業なのです。 一般的にロレックスのオーバーホールは、18,000円〜60,000円ほどの費用が必要になりますので、用意しておきましょう。

現在では世界に名立たる高級時計として人気を博しているロレックスですが、その歴史はいつ頃から始まったのでしょうか。 ロレックスは1905年に創業された、歴史ある時計メーカーです。一般的にロレックスと言えばスイスの時計と言うイメージがありますが、創業はイギリスであり、後々スイスに本社が移されたのです。 そもそもロレックスが生まれた当時は腕時計自体生まれたばかりの時代であり、そうした時期に秀でた性能を持ったロレックスが開発された驚きは大きなものでした。 現在ではロレックスと言えば資産価値を有するほどの高級時計になっており、私達が孫の代まで残したい一品になっています。こうした高級時計だからこそ、定期的なオーバーホールによる点検が欠かせません。